相続場面での税理士の働き

相続場面での税理士の働き

相続場面での税理士の働き 相続が発生したとき、いくつかの問題点が発生します。まず、遺産をどのように相続をするかを決定しなければなりません。これは遺族の話し合いと考えると分かり易いでしょう。この問題は親族間でこじれる場合があります。これは法律の専門家である弁護士などに任せるのが良いでしょう。
これを遺産分割協議と言い、最も基本的で重要な手続きとなります。そしてこの協議を文書にのこす必要があります。その文書を遺産分割協議書といいます。これに基づき税金を計算し、登記をする基になる書類であり、凍結されている銀行預金などの解除をするものです。
税金は税理士に相談することが良い方法でしょう。相続税だけでなく所得税や贈与税が発生する可能性があるだけでなく、計算がとても難しいものとなっています。特に財産の評価は、専門性があり、専門家である税理士に任せるのが大きな選択肢です。
登記も同様です。遺産分割協議書に基づき不動産などの登記を行います。これは、司法書士に依頼するのが良いでしょう。

相続場面での行政書士の働き

相続場面での行政書士の働き 相続と言う場面が到来した時活躍する専門家として行政書士が挙げられます。行政書士は行政に提出する書類作成の専門家と言うだけではなく、民事書類の作成もその業務としています。そのため遺言書の作成なども業務の一環としている場合が多いです。相続では遺言書の活躍が大きく、その分このような専門家の活躍が期待できます。まず相続をするときに楽になる遺言書は色々と形式が決められています。素人が作るとその規定形式にはまっておらず、法的拘束力が失われてしまう場合もあります。また、遺言書や相続の話し合いではどうしても感情的になってもめてしまいやすいです。そこで第三者である専門家が立ち会うことで冷静に話し合いが可能です。
先ほども言ったように行政書士は民事書類の作成の専門家でもあります。つまり、話し合った内容を正式な書類としてまとめることも可能です。このような書類を用意することでスムーズにことを進めることが可能となります。