税金対策と相続人

税金対策と相続人

税金対策と相続人 相続は税金対策と相続人が重要なポイントになるので、必要な手続きや基本的な内容を把握します。
相続には民法で被相続人が明記されているのが特徴です。
基本的には配偶者を含めた子供や両親そして兄弟が続きます。
これら以外に嫁や婿などに遺産を相続させる事が可能ですが、税金が高くなるので注意が必要です。
相続には遺留分が法律で決められており、民法で権利がある親族に対して確保されています。
遺産を受け継ぐ場合はその価値に応じて納税の義務があるが特徴です。
法律で決められた関係者以外は高額になりますが、遺書に明記されていると受け継ぐことが可能です。
死因贈与でも納税をする必要があります。以前と異なり孫養子は、2割の増額が納税時に請求されるので検討している方は注意が必要です。
残された資産により分割協議が必要な場合があり、納税までの期間等を確認するのがポイントになります。
内容によりますが生前贈与を検討すると節税になるのです。

遺産相続をする前にプラスの財産だけではなくマイナスもあると知りましょう

遺産相続をする前にプラスの財産だけではなくマイナスもあると知りましょう 一般的に遺産相続というと多くの方は親などが亡くなった場合に、残された家族が亡くなった方の財産を受け取ることだと認識しているのではないでしょうか。
しかも通常は相続する財産と聞くと、預貯金などの現金や住んでいる土地と家、または骨董品などの価値のあるプラスの部分だけを思い浮かべます。
ところが実は前述の価値を持っていると考えられるものばかりが受け継がれる遺産ではなく、場合によっては生前していた借金などのマイナスの部分も受け継ぐことになってしまうのです。
そうなると自分がお金を借りたわけでもないにもかかわらず、それを返済しなければならないという不都合が起こってしまいます。
それを回避したいときにはまず相続するものがプラスだけなのか、マイナスの部分もあるのかをよく調べることです。
そしてもしもプラスとマイナスの相続を比べて、マイナスが多いときにはすべてを受け継ぐことを放棄すれば故人の借金を返済する必要は生じません。