相続の一連の手続き

相続の一連の手続き

相続の一連の手続き 人が亡くなった後の手続きをいつまでに済ませる必要があるのかは、手続きをしたことがない人にとっては大変に気になることです。
民法をはじめとする法律に則ってすすめていく必要があり、違反する点があるとペナルティーが課される可能性があることも考えると、いつまでに終わらせれば良いか知りたいのは当然の流れでしょう。
しかし、相続そのものに関しては期限が決められているわけではありません。法律では相続が開始される日に関する規定はありますが、終える必要がある時期まで規定されてはいません。
ただし、民法以外の法律に則って期限内に済ませる必要がある手続きに関しては、必ずその日までに終わらせる必要があります。代表的な例が相続税で、相続が開始された事実を知った日を起算日として、そこから10ヶ月以内に税務署への申告と納税を全て完了させないとペナルティーが発生します。
また、財産分与を受ける権利を放棄したい場合の手続きも、起算日から3ヶ月後が期限となっています。

遺産を相続すると必ず確定申告を行わなければいけないのか

遺産を相続すると必ず確定申告を行わなければいけないのか 人間の人生の中で死亡は避けることができず、多くの人が故人が発生した場合の対応を経験することになります。その際に気になるのは税金であり、特に直接税である相続税は対象になると放置することができません。
それは税金の場合は適切な手続きで処理を実行する必要があり、何もしなければ罰則が適用され、本来の税額以上の負担を求められてしまう可能性があるからです。
遺産を相続するとその内容に応じて税金が課せられますが、税額を決定する方法は確定申告になっています。確定申告とは決められた期間に年間の税額を決定するための申告であり、年末調整で所属している企業などが代行して申告を行っている人ではない場合は、本人や代理人が税務署に対して行う手続きのことです。
遺産を相続した場合は金融資産の内容で申告が不要になることもあり、現行法制では金融資産が五千万円以下であれば手続きをしなくても大丈夫です。
ただし、現金以外の不動産や貴金属などはその価値が変動するので、まずは専門的な知識を持っている弁護士や税理士に相談するといいでしょう。