相続した土地の固定資産税

相続した土地の固定資産税

相続した土地の固定資産税 親や親戚が亡くなったとき、法律に基づいて子どもなどが金銭的な価値を持つものを相続することになります。
金銭的な価値がある相続するものの1つとして、家があります。
土地つきの一軒家であることもありますし、マンションやアパートといったこともありますが、それらは相続をしても当然ながら国に固定資産税を支払わなければなりません。
毎年1回、土地や建物の価値に応じて算出される税金ですが、それは相続した人が支払うことになります。
もし住んでいなくても、名義変更をしたのであれば、その人に支払う義務が生じてしまうからです。
支払いたくないのであれば、それは家そのものを手放すという方法しかありません。
それでも固定資産税が算出される時期に名義人になっていれば、納税義務が生じてしまうので、その前に売り払ったり受け継ぐことを放棄するといった手続きが必要になります。
資産価値が高いものに関しては、かかってくる税金も多額になりますから、その点をしっかり確認しておく必要があります。

相続に関する必要手続きや書類作成なら司法書士に相談

相続に関する必要手続きや書類作成なら司法書士に相談 相続に関する相談ごとは、司法書士にすることができます。
さまざまなケースがありますが、たとえば土地や建物などの不動産を相続した時には名義変更といった登記が必要になります。
親族関係が良好でない場合にはいくつかの問題が発生しますが、この問題を解決するための方法を提案してくれたり、家庭裁判所に提出しなければならない書類を作成してくれたりする存在が司法書士です。
他には、亡くなった親に財産ではなく借金があった場合ですが、相続人は必要な手続きを期限以内に行うことで放棄をすることが可能となっています。
このような放棄をしたい時にも、専門分野になりますから相談をすることができます。
法務局や家庭裁判所などに出向かなければならない場合がありますが、さまざまな書類作成等を専門に行える者で迅速に手続きをお任せできる人です。
相続の事でどうすればいいのかわからずに困っている方は、手続きや解決方法を提案してくれるこちらの専門家に相談されるといいです。