債務は必ずしも相続されるわけではない

債務は必ずしも相続されるわけではない

債務は必ずしも相続されるわけではない 基本的に、相続は財産に相当する者を対象としています。そのため、その人物が有している権利関係についても注意が必要です。
例えば、相続が行われる人物に借金、つまり債務が存在していた場合には、原則として相続の手続きを行うことによってその義務が受け継がれてしまう可能性もあります。借金が受け継がれてしまうと、それを受け継いだ人物が今度は履行する義務が生じますので気を付けなくてはいけません。
もちろん、全ての手続きでこのような義務が相続されるとなってしまうと、権利者は大きな不利を受けてしまいます。
そこで、法律上で権利者にとってあまりにも不利な義務が存在する場合には、それを継承しないという自由も認められることになります。具体的には、財産全体に対してその権利を放棄することによって、債務からも解放されます。
権利を放棄すると、財産を継承する資格も失いますが借金を背負うこともなくなりますので安心して今後も生活を継続できます。

民法に規定された配分で相続されるのが原則

民法に規定された配分で相続されるのが原則 相続は、好き勝手に行えるものではなく民法に規定が存在します。分配をする場合には、残された家族構成に従って配分していくことになるので、それに従わなくてはならないのが原則です。
例えば、亡くなった人に配偶者が存在していた場合には、その人が財産を受け継ぐことになります。そして、子供などの家族がいた場合にはその子供たちにも配分されるという具合に、明確な分け方が決められています。もちろん、全ての事案においてこのように分けなくてはいけないわけではありません。
仮に、被相続人が特定の人物に対して財産を継承させたいと考えている場合には、その意思表示を行っておくことで実現することも可能です。これを、遺言といいます。
また、相続権利者の話し合いによってお互いに同意を得られたときにもその通りに分配できます。遺産分割に関する協議を行い、それを証拠として残しておくことで法律的にも効果を発揮できるため、法律的なルールをきちんと守って相続手続きを行うことがポイントです。