相続の期限問題に注意

相続の期限問題に注意

相続の期限問題に注意 人が亡くなると相続が起こります。しかし、亡くなったという悲しみでそれどころではないと思う方も多いでしょう。親しい方が亡くなった時はなおさらです。
ただし、しばらくして落ち着いてから財産のことなどについては考えようとしていると、問題が起こることがあるのです。相続関係の手続きには期限がある物もあるからです。
例えば引き継ぐ財産の中に、借金などが含まれていることがあります。その際に放置したまま、しばらくしてから処理しようとすると、相続を放棄することが出来なくなってしまうのです。
借金は引き継がなくてはならなくなりますから、大きな負担となっていきます。早く気が付いていて手続きを取っていれば、引き継がなくて済むという事もあるのです。
こうした期限のことを考えると、大切な人を失ったことによる悲しみが残っていても、その時点から相続について考えていくという事はその後の自分の生活を守っていくという事につながる大切なことと言えます。

相続でもめる原因として多いのが遺留分の取り扱い

相続でもめる原因として多いのが遺留分の取り扱い 人が亡くなるとその人が所有していた財産に関しては、相続が発生しますが、兄弟姉妹を巻き込んでその遺産の振り分けでもめることも多いです。
こうした遺産協議に関しては話し合いで決めれば良いですが、経済的な側面も存在するため、泥沼化することもよくあります。
遺産にはそれを継承すべき法定相続人が決まりますが、それには遺留分が決まるのが民法の決まりです。遺留分は最低相続する権利のことを言うとされ、これがあることで法的に保護されております。
遺言書が存在する場合には、故人の遺志を優先させることが可能ですが、仮に第三者に遺産を継承させる旨が記載されていれば残された家族が生活できなくなります。
そのため最低限度の遺留分を第三者に対して請求することができる権利になり、これによってトラブルの発生を抑制する働きが存在します。
もっとも遺言書の効力は強いので、亡くなった者の子供がその遺留分の権利を主張すると全財産の1/4になり、取り合いが発生することになります。大幅に相続財産が少なくなるので、熾烈な争いに発展することも多いです。