不動産は法務局で相続登記を

不動産は法務局で相続登記を

不動産は法務局で相続登記を 家族や親族が亡くなったときには、遺族は葬儀や法要の準備などで忙しくなりますが、そのほかにも役所への各種の届け出になども忘れてはならないところです。
故人がもしもし土地や建物などの不動産を生前に持っていたときには、これらに加えて法務局での相続登記の手続きも必要となってきます。この手続きをしないで放置してしまうと、登記簿に掲載されている所有者が不動産を相続した真正な所有者と異なる状態となってしまいますので、不動産を売買する際に支障が生じますし、再度の相続があったときにも子や孫の代まで関係者が増えてしまうので、手続きがさらにやっかいになります。
法務局での手続きは、所要の事項を記載した申請書に、遺産分割協議書などの相続をしたことを証明する書類を添付して提出します。添付書類にはこのほかにも印鑑登録証明書や住民票、戸籍謄本などがありますので、まずは書類集めをするところからはじめなければなりません。
この手続きは通常は報酬を支払って司法書士などの専門家に依頼することが多いといえます。

正しい相続をするためにも遺産の調査は必ずしよう

正しい相続をするためにも遺産の調査は必ずしよう 相続の対象となる遺産には、現金以外の様々なものが含まれます。問題となるのが、そういった遺産に関しても相続税の対象となる点です。
一般的に、相続財産を継承するためには、どれだけの財産的な価値があるものが遺されているのかを調べなくてはいけません。これは、遺産分割を行うことも重要ですが、それ以上に税金面やそれに伴う手続き面で大きなトラブルが発生する可能性が高いからです。
実際に、遺産の対象となるものには控除が適用されるものもありますので、全て一律に考えるのではなくそれぞれの状況に合わせて適切な計算をしなくてはいけません。
当然ですが、遺産の調査を怠って必要な税金を納めていないと脱税になる可能性もあります。特に、相続財産は遺された家族の共有財産となりますので、どういった方法で分割するのかも含めて考えていく必要があります。
曖昧な状態で手続きをしたり、隠された遺産が見つかると取り返しのつかないことになりますので必ず調査をしましょう。