相続を放棄するときの注意点

相続を放棄するときの注意点

相続を放棄するときの注意点 遺産の相続は借金も資産も両方受け継ぐことになります。資産だけを相続するということはできないので注意が必要です。
ただ資産と借金の両方があるという人もいるでしょう。その場合には、借金と資産の正確な試算が必要になります。
遺産が転がり込んできたと有頂天にならず、まずは冷静になって計算することが大事になります。また、受け取らないと決定すると基本的に取り消せないことにも注意が必要です。
知らなかった資産が出てきたからといって、あとからやっぱり放棄を取り消しますということはできません。
もう一つ大事な注意点として、放棄できる期間は決まっていることです。相続できることを知ってから3ヶ月以内にどうするかを決めなければいけないと法律で決まっています。その期間内に調べて、遺産をどうするかを決める必要があります。
この法律を知らなかったという言い分は裁判所では通じません。期間を過ぎてから申し立てをしても受理されないことが多いです。

相続税の申告と納付をする期限は決まっている

相続税の申告と納付をする期限は決まっている 亡くなった人の遺産を相続した場合、それが法令で定められている基礎控除額を超えるようであれば、税務署に対して相続税の申告と納付をする必要があります。
逆に遺産の金額が少ないなどの理由で、この基礎控除額を超えないようであれば、その必要はないということになります。もしも義務が生じた場合ですが、実は対象者が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内という期限が法令で決められています。
この期限をもしも守れなかった場合には、延滞税などのペナルティが加えられてしまうおそれがありますので注意が必要です。
一般に相続税の対象となるのは現金や預貯金にとどまらず、不動産や自動車、貴金属や美術品をはじめとするさまざまな種類の遺産に及びますので、納付額を計算するだけでもなかなか大変です。
そこで税理士などのプロに相談をして、納得ができればそのまま申告書の作成などの作業も依頼してしまう方法が考えられます。
また理由があって期限が守れない場合には、税務署に相談の上で延納などの特別な方法を申請することもできます。