遺産相続について自治体に相談

遺産相続について自治体に相談

遺産相続について自治体に相談 遺産相続に関して、身内間でトラブルが起こった場合に自分たちでは収拾がつかないために「プロに判断をゆだねてみたい」と思う人もいるかもしれません。
しかし、個人的に弁護士や司法書士、行政書士などの専門家に相談するとなると多大な費用が掛かることを懸念する人もいるでしょう。
そうした人におすすめなのが、自治体が開催している相談窓口の利用です。
日程や時間に関してはあらかじめ決められているものの、自治体にもよりますが相談料が無料となっています。
こちらでは相続に関するあらゆる疑問や不安、解決法についてもアドバイスしてもらえるので便利です。
市役所などに電話で直接問い合わせをしてもよいですし、広報や市の公式サイトなどを閲覧することで開催日を知ることもできます。
また、相談料は無料といえども多くの市民に利用してもらいたいため相談時間は平均で30分程度となっているので、予め、相談したい内容については箇条書きにしてメモをしておくとよいでしょう。

遺産相続の家族同士の話し合いは弁護士を通すのが良い方法

遺産相続の家族同士の話し合いは弁護士を通すのが良い方法 遺産相続は色々な法律や手続きにまつわる知識などが求められる非常に複雑な問題です。
相続人同士の話し合いだけで円満に解決することが可能であれば何も問題ないのですが、遺産に土地などの不動産物件があったり、値段が高そうな宝石や骨董品などが含まれていたりすると、話し合いは簡単にまとまりません。
争続と呼ばれる造語が存在するぐらいなので、遺産相続で争い合う家庭は想像しているより多いです。
そこで、弁護士という法律の専門家に話をまとめてもらうのが良い方法になります。これが厄介な争いごとを解決する非常に簡単な手段です。
弁護士は依頼人の非常に大きな味方で、依頼人の問題を共に解決する方法を考え、利益を保護してくれる上に、家族の間で仲裁人として働いてくれます。
家族の間で争い合っている場合は感情的になって対立しやすいですが、そのような場合に間に第三者が入って家族全員の意見を集約すれば話し合いは、より一層順調に進むことが期待可能です。